にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへにほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へにほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

育児・子育て

生後5日:お金は失っても取り戻せるけど、過ぎ去った時間は取り戻せない

息子が生まれて早いもので5日たちました。

産婦人科の先生いわく、帝王切開で出産した妻の術後の経過は良いらしく、退院も当初の予定より1日早くできるようになりました。(このまま何もなければ7月9日に退院予定)

毎日、仕事のあいまをぬって、お昼時と夜、1日2回面会に行ってますが、生後5日の息子は1日の7割を寝て過ごすようなので、僕が面会に行ったタイミングで起きていることは少なく、ほんのちょっとだけ寂しい気がするようなときもあります。

とはいえ、寝顔を見るだけでも、じゅうぶん癒されますけどね(笑)

父親向け育児アプリ
パパninaru

最近は、父親向けアプリ「パパninaru」を見るのが日課となっていますが、それによれば明日、7月8日が「お七夜(おしちや)・命名式」とのこと。

お七夜

お七夜(おしちや)とは誕生から7日目の夜に赤ちゃんの健やかな成長を願って行うお祝いである。平安時代からつづく民俗行事で、生まれた子に名前をつけて、社会の一員として仲間になることを認めてもらう儀式である。

赤飯や尾頭付きの鯛、昆布、紅白の麩などの祝膳を家族で食べ、お宮参りまでの約1ヶ月間、命名書を飾る。

今日では出産した病院から退院する日が産後一週間前後が多いため、退院祝いを兼ねて行うことも多くなっている。また、記念に手形や足形を採ることも増えている。

昔においては生後の赤ちゃんが無事に育つことが多くなかったため、節目とする7日目を迎えられたことをお祝いしたのが由来。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

今回、ブログを書くにあたり、あらためて「お七夜」について調べてみましたが、あくまでも昔のしきたりであって、最近は「誕生から7日目の夜」にこだわることもなく、母親の体調が落ち着いたころを見計らって行うことが多いようですね。

また、昔は親戚一同集まって盛大に、というような行事だったようですが、それも最近では、それぞれの両親を招いて内々で祝う程度にとどめることが一般的とのこと。

実際、僕の場合も、正式な「お七夜」の7月8日は、まだ妻が入院してますし、以前よりも少しは落ち着いたとはいえ、まだまだ新型コロナウィルスの影響で「親戚一同が集まって」というような状況ではありません。

緊急事態宣言が発令されていた4月や5月に出産された方々は、旦那さんや親であっても面会ができなかったケースも多いようなので、それに比べると、僕ら夫婦は恵まれているなと感謝しています。

とはいえ、現状、病院で面会ができるのは、2週間以上同居している家族に限られるため、僕の両親にまだ息子に会わせてあげられていないことを、もどかしく思ったりもします。

こんなこと考えても仕方ありませんが、新型コロナウィルスが無かったら、きっと僕の両親も、僕の息子に会いに来ていたでしょう。

まぁ、言っても仕方がないことなので、毎日、写真や動画をLINEで送るようにしてますけどね。

無情にも時間は過ぎていく、そして過ぎ去った時間は2度と取り戻せない、早く僕の両親にも息子を会わせてあげたいな、そう思う今日この頃でございます。

お金は失っても取り戻せるけど、過ぎ去った時間は取り戻せない

僕は過去にお金で大失敗をしていますが、今ではお金に困ることなく生活しています。

だからこそ、そう思うのかもしれませんが、お金は失っても取り戻せます。

まぁ、お金を失うと、一時的には、しんどくて、つらくて、人生いやになったりもしますけど、自暴自棄になることなく現実を直視して、考え方や行動を変えることができれば、失ったお金以上のものを得ることができます。

しかし、どうにもできないのが「時間」です。

「今を大切に生きよう」という言葉がありますが、これは息子が生まれて、さらに身に染みるようになりました。

たとえば、今、100万円を失っても取り戻すことはできますが、「息子が0歳児の時期」というのは過ぎ去ってしまうと取り戻すことができません。

あたりまえですけど、「今この瞬間」というのは、常に過ぎ去っていくもので、取り戻すことはできないからです。

「神様~~、息子をもう1回、0歳児の時に戻してもらえませんかね~」ということができるのは漫画だけの話。

2度と取り戻せない「今」を大事にしたいと心から思ってます。

僕は独身の頃、彼女から「私と仕事、どっちが大事なの?」と聞かれたら、「アホか、仕事に決まってんだろ」と言ってました(だから結婚が遅かったのですが・笑)

しかし今は違います。

家族とのかけがえのない時間を過ごすために仕事をしている。だから、妻と仕事、どっちが大事かと言えば妻ですし、息子と仕事、どっちが大事かと言えば息子なわけです。

まぁ、仕事にしろお金にしろ、失っても取り戻せますからね。

執着するからつらくなるわけで、昔の僕がそうだったように、お金は無ければ無いなりに生きてはいけるんですよね。

だから、本当に執着すべきは、やはり「時間」なのかなと思います。

お金に執着するのではなく、時間に執着する、その結果、お金にも困らなくなる。

そんなもんじゃないのかなと思います。

とはいえ、人それぞれ色んな考え方あると思うので、あくまでも僕個人の見解ということで。

※この記事は個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません(笑)

スポンサーリンク

にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへにほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へにほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

おすすめ記事

1

というわけで、今日も例のごとく、冒頭の書き出しは「チコちゃん」パターンです。 岡村さんがいなくなるのは仕方ないけど、チコちゃんだけは、いなくならないで。 僕の切なる願いは届くのでしょうか。 NHK「チ ...

2

ブログやSNSで写真をアップするとき、写真に文字を入れたほうが、より伝わりやすく、見栄えもよくなります。 今は、スマホで簡単に文字入れができるアプリがたくさんありますが、中でもおすすめなのが「Phon ...

-育児・子育て

Copyright© 長崎⇔福岡:里帰り出産⇒育児ブログ , 2020 All Rights Reserved.